読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

変える方法を考える時

日々つれづれ

今やらなきゃいけない諸々がパンク寸前でだいぶまずい。

 

前職の上司から言われたこと。

「溜まりに溜まると爆発する。見てすぐ分かる。」

爆発してもしょうがないんだよ、今は。

だって全部自分で選んだことだし、自分の責任。

時間の使い方がへたくそで自己嫌悪。

 

宣誓。

夜はシャワーを浴びてから寝る!

朝は6時55分に起きる!

 

脱藩学教授の跡部さんが紹介してくださった方のブログより。

希望を捨てる社会でいいわけない。

・日本の底辺レベルは相当高い。

・産業は貧しい国へ流れるもの。日本は新しい産業を生み出すことが合理的。

・日本はどうせと嘆くなら、日本以外へなぜ行かないのか。

・頭と行動がストレートに連動すれば、いまかけている見えないブレーキがだいぶ緩まるのになぁ。

 

頭と行動がストレートに連動しないのは、先が見えないから。

親・自分・子どもの将来、やっぱり気になる世間体。そこからくる自己嫌悪や罪悪感。

それが日本国なんだけれど、でもこの先の日本国を作るのは私たちの世代だから、不満や不安を口にするのではなく、新しいものを作っていかなきゃいけないんだよ。変える方法を考える時なんだよ。誰かが、じゃなくて、みんなで。

 

ストレートに胸に刺さり、今日一日で何回か読んだけれどそのたび逸る!

これ20~30代のたくさんのひとの目に触れたら、何か起こる気がする。

 

脱藩学の講師・キュレーター・仲間たちの持つ情報量がハンパなく、自分の世界の小ささを思い知った。経験も少ないからそれは当然っちゃ当然で、悔しいと同時にここにいていいものか、とも思う。申し訳ない?心もとない?なんだろな。

まだまだまだまだだってことを認めて、前に進まなきゃいかんのだ。