読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

日帰り御岳山ハイキング 3/14

俗世から離れたい・何かしたいけれど、ものが欲しい・作りたい気分ではない。
自然回帰したいな。
寺ヨガは短時間だし、宿坊はまだ寒い。
なんだろう。
千葉の鋸山と浜金谷でアジフライ!
って思ったけれど往復5000円超えで気が引けた。
相模湖か御岳山か。
滝もあるし、先輩が「蕎麦がおいしい」と言っていたので、御岳山に決定♪(電車賃も相模湖に行くより安い)
 
早めに出られたらいいなぁと思っていたけれど、柔軟体操をやりたくなったり、おなかが空いて持っていく予定のおにぎりを食べたりで、家を出るのが11時半になってしまった。
珈琲を飲んだり、トイレに行きたくて電車を1本見送って30分待ったりで、結局14時頃に御嶽駅に到着。
休みだし、ひとりだから、いいよね。
 
電車を降りた瞬間から寒い。
 
御嶽駅からケーブルカー乗り場まで歩く。
f:id:sara_y:20150314210053j:plain
ぽつぽつ雨が降ってきた。
いつか買ったリュックは防水だし、ニット帽もウインドブレーカーも着用しているからへっちゃら。
山は天気が変わりやすい。
f:id:sara_y:20150314210113j:plain
坂がとにかく続く。
f:id:sara_y:20150314210133j:plain
山を歩く前に汗だくで息が上がる。
バスに乗ればよかったなぁ。。
下るひとばかり。
みんな早くから登るのね。
 
30分くらい歩いたら、ケーブルカー乗り場が見えてきた。
f:id:sara_y:20150314210154j:plain
いざ御岳山!
f:id:sara_y:20150314210209j:plain
現在の気温は4℃・蝋梅が見頃・犬神様・晴れていると東京タワーやスカイツリーが見える・この辺りから雨が雪に変わる。
ケーブルカーの運転手さんが、いろんな話をしてくれる。
 
御岳山駅に到着。
まずは神社へ。
f:id:sara_y:20150314210235j:plain
 
f:id:sara_y:20150314210255j:plain
蝋梅の香りがふんわり漂う。
f:id:sara_y:20150314210310j:plain
 
f:id:sara_y:20150314210439j:plain
f:id:sara_y:20150314210337j:plain
f:id:sara_y:20150314210421j:plain
f:id:sara_y:20150314210506j:plain
 
御岳山も宿坊あるんだな。
 
立派な山葵!
f:id:sara_y:20150314224336j:plain
成長にそんなに長い時間を要するものだとは知らなかった。
お店のおばあちゃんが出てきて山葵丼の作り方・熊の被害・鉢植えで葉が育つことを教えてくれた。
ますますおいしそうに感じて、一本取り置きしてもらって帰りに寄る約束をする。
 
いい雰囲気の表参道。
f:id:sara_y:20150314210542j:plain
f:id:sara_y:20150314210559j:plain
 
階段を上ると御嶽山神社。
f:id:sara_y:20150314210655j:plain
いろんな社がある。
f:id:sara_y:20150314210737j:plain
これが犬神様を祀る社。
f:id:sara_y:20150314210717j:plain
入れないから隙間から。凛々しいワン。
f:id:sara_y:20150314210758j:plain
 
滝のある方面に進む。
f:id:sara_y:20150314210819j:plain
f:id:sara_y:20150314230402j:plain
 
道すがら喋った同年代の3人組によると、お昼を食べたり休憩しながらぐるっと一周して2時間くらいらしい。
帰りのケーブルカーの時間もあるから、どこまで行けるかな?
山登り仲間って楽しそう。いいなぁ。
 
今度はとにかく下る。滑る。
そしてすれ違うひとたちの表情がもれなく険しい。。
とりあえず後のことは考えないでおこう…
f:id:sara_y:20150314210852j:plain
f:id:sara_y:20150314210921j:plain
 
水の音が聞こえてくる。
f:id:sara_y:20150314210953j:plain
 
f:id:sara_y:20150314211012j:plain
 
滝だ!
f:id:sara_y:20150314211041j:plain
f:id:sara_y:20150314211131j:plain
さやさやと。
f:id:sara_y:20150314211204j:plain
f:id:sara_y:20150314211238j:plain
 
木の根の生命力!
f:id:sara_y:20150314211255j:plain
f:id:sara_y:20150314211310j:plain
 
足がプルプルしてる。
 
巨大な天狗岩。上にあるのは井戸かな?
f:id:sara_y:20150314211328j:plain
 
…遭遇しませんように!
f:id:sara_y:20150314211349j:plain
 
天狗の腰掛け杉
f:id:sara_y:20150314211417j:plain
の、向こう側に山波!
f:id:sara_y:20150314211457j:plain
標高929m!
いつの間にか晴れていて気持ちいい♪
 
道案内を見てみると、帰り道はどうやらあの道を上らなくてもよさそう!
よかったー
展望所の2つに分かれた道を左側に進んで正解だった。
 
f:id:sara_y:20150314211515j:plain
 
ツキノワグマに遭遇することも滑り落ちることもなく、無事帰還。
 
17時ちょっと前におばあちゃんのお店で山葵を受け取って、お茶をいただく。
身体は火照り、風はひんやり、お茶と気持ちはあたたかくて、幸せ。
おばあちゃん(88才)は60年以上ここで生活していて、10年くらい前まで和服(お太鼓)で働いていたから、背中が真っ直ぐ。
やっぱり日本の文化って理にかなっているんだなぁ。。
 
明日は山葵丼♪♪
f:id:sara_y:20150314211532j:plain
 
f:id:sara_y:20150314211551j:plain
地元っ子が駆け回ってにぎやか。
ケーブルカーとバスに乗って小学校に行くらしい。電車もだっけか?
退屈って言っていたけれど「いいところだよ、きっと大人になったらよく分かるよ」って伝えたら、いい顔が返ってきた。かわいいなぁ。
 
f:id:sara_y:20150315002643j:plain
小学生の頃、ツバで濡らして鼻の頭につけたやつだ!天狗のなんとか?
なんでそんなことやっていたのか謎だけれど、みんなやっていた。
 
3kmくらい歩いたのかなぁ。
f:id:sara_y:20150314211636j:plain
 
懐かしい。
f:id:sara_y:20150314211652j:plain
 
東京タワーらしき建物が見えた気がする!
f:id:sara_y:20150314211713j:plain
 
17:10、下山。
ただいま3℃。御岳山はまだまだ冬。
f:id:sara_y:20150314211730j:plain
 
下りのバスは25分後に来る。
歩くというより、坂が急だから自然と小走りで下る。
最後に食べたいものがあるから、足取りがとても軽い。
f:id:sara_y:20150314211747j:plain
 
f:id:sara_y:20150314211800j:plain
f:id:sara_y:20150314211814j:plain
f:id:sara_y:20150314211829j:plain
f:id:sara_y:20150314211855j:plain
 
目的地は御岳駅前の中華料理店。
御岳駅を出てすぐに<手打ラーメン>の文字にそそられて、晩ごはんはココ!って決めていた。蕎麦よりラーメン!
f:id:sara_y:20150314211909j:plain
あぁ落ち着く。
f:id:sara_y:20150314211923j:plain
地元の野菜や肉を使った<みたけラーメン>を注文。
 
f:id:sara_y:20150314211936j:plain
玉子麺はモチモチで、優しい味が疲れた身体に染みて一気食い。
f:id:sara_y:20150314211949j:plain
おいしかった!
ごちそうさまでした。
おなかも心も大満足。
 
 
また山登ろう。