読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

雨の日 新宿だいたい地下散歩

たまにの平日休みが雨、だからこそやりたいことがある。

 
それは新宿地下散歩!
 
いつかのBRUTUSに、漫画家の杉作J太郎さんが「新宿の地下は雨の日に散歩するためにある」というようなことを言っていた。
 
新宿の地下はいつも通るだけで、その言葉は気にはなっていたけれどそのためだけに行くのもなぁ。
 
GoogleMAPを眺めていたら、ひらめいた。
そういえば、新宿に行きたい(食べに行きたい)場所があった!
 
ニット帽にレインブーツでいざ新宿♪
 
1,納豆らあめん(ほりうち)
f:id:sara_y:20141126193333j:plain
Twitterを眺めていたら目に入ってきた、この単語。気にならないわけがない!
 
まず地上に出ます。
満来を目指して歩きます。
駅近くにありました。
店の中を覗くと待機している人がいっぱい。
あれ?券売機に納豆らあめんボタンがない!
肉ゴリゴリのチャーシューらあめんも気になるけれど気分は納豆。
あれー?と調べてみると、もう納豆らあめんは出していないみたい。
でも、近くにあるお弟子さんのお店、<ほりうち>で食べられると。よかった♪
納豆と生卵を混ぜて、ラーメンにどーん。
優しい味のスープ・モチモチの麺と合っておいしかった!
目の前を行き来する分厚いチャーシューが恋しかった。あれが入っていたら最強だな。
 
お腹も心も満たされたところで地下に潜る。
スタートはJR新宿駅西口。
改札を出てすぐのところに喫茶店や京都のお菓子屋さんや変わり種のおいしそうなパン屋さんがあることを初めて知った。
 
古本市やプロムナードを通って都庁を目指す。
途中、地上にちょっと出たけれど屋根があるから雨には濡れない。
 
202mの展望台(無料)にのぼる。
北側から。
f:id:sara_y:20141126193352j:plain
紅葉が綺麗!
この時期だから楽しめる景色。ラッキー♪
向こう側が要塞みたい。進撃の巨人みたい。
北側からは東京の西側が臨める。
 
せっかくだから一旦降りて南側も。
ジオラマ新宿。
f:id:sara_y:20141126193435j:plain
ずっと流れているVTR<TOKYO COLORS>
文化や四季や自然と色。
f:id:sara_y:20141126193608j:plain
歌舞伎、銀座、寿司、芸妓さん、桜、等々力渓谷スクランブル交差点、居酒屋、乾杯、花火、三社祭、首都高、東京タワー、伊豆諸島、浅草、富士山、新国立美術館、ミッドタウン、奥多摩、ネオン、抹茶、夜更け
代わる代わる映し出される鮮やかな日常。
ずっと見ていられる。
島病が疼いた。
あの島、どこなんだろう。どこを取り上げているのかわかればもっといいな。
 
また地下に潜る。
地下道が続くと思ったら地上に出たり、オフィスビルの地上階だったりで、ぐるっと一周するつもりだったけれどだんだん自分がどこを歩いているのか分からなくなって、地上に出たら、あの子。
 
LO
VE
f:id:sara_y:20141126193618j:plain
雨の日だから反射する。
 
風が強くなってきたから、次の目的地に地下鉄で向かう。
またまた地下に地下に潜る都営大江戸線
目的地は2〜3駅先の若松町
 
3,ペッパートースト(小島屋)
f:id:sara_y:20141126193637j:plain
いつかのBRUTUSにちらっと載っていて気になった食べ物。
室井滋さんの大好物らしい。
蜂蜜がパンに1/3も染み込んでいる!
粗挽き胡椒とお好みで生クリーム。
生クリームは動物性であっさりとしている。
胡椒はスパイスなんだと再認識。何回か通うとやみつきになるのかなぁ?
珈琲がおいしかった。
他のお客さんが頼んだホットドッグを鉄板で焼くいい匂いが店内に広がる。
営業時間は9:30〜19:00で土日祝は休み。
そういう働き方も素敵だなぁ。
「私が喫茶店を開いたら」な妄想に浸る。
大好きなハイボールを置いて、
障害者施設の人や地域のお年寄りが作ったおいしいお菓子を出して、
旅先の写真を飾って、
晩ごはんの時間には店を閉める。
おいしく珈琲を淹れられるようにもならなくちゃ。あぁいいなぁ。
 
その他諸々な考え事を文字にして頭の中をまとめていたら、辺りはいつの間にか真っ暗になっていた。
 
帰りは新宿まで歩く。
 
新宿だいたい地下散歩。
雨だからか気持ちもゆっくり。
雨の休みの日もたまにはいい。