読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

続ひとり旅 西表島 9/23

ひとり旅
今年もひとり旅をしようと決めていた。
場所はどこにしようか。
九州一周?タイ?ドイツ?
 
そうだな。
去年出来なかった船釣り、行けなかった炭鉱跡、いるだけでワクワクする大見謝ロードパーク、はてるまのごはん、西表の人たちや自然にまた会いたい。
あちこちに転がっている思い出にも。
 
 
------------------------------------
 
 
朝5時の東京はなかなか冷える。
 
ビルケンじゃなくてスニーカーを履いてくればよかったなぁと一歩進むごとに後悔し、でも引き返す時間はないからまた一歩進む。
荷物は最小限に、リュックとポシェットとおみやげバッグに全部詰め込んだ。リュックにビーサンも入っている。サンダル2つって意味あるのかなぁ。
 
小さ過ぎるモヤモヤを抱えて、5時台の電車に乗って東京駅八重洲口へ。
リムジンバスに乗って成田空港に向かう。
 
朝ごはんは空港内の謝朋殿<中華粥バイキング>
ずっと気になってたんだ、これ。
野菜やゴマやピータンをもりもりのせていただく。うまい!
f:id:sara_y:20141003070730j:plain
 
腹ごしらえも済ませ、いざ出発!
H列の中央あたりを選んだら、機体に日が反射してめちゃくちゃ眩しい。
羽より前の方がいいかも。
f:id:sara_y:20141003070804j:plain
先日、宮古島から伊良部島にかかった橋。
橋もいいけれど船で行く方がドラマチックだと思う。
f:id:sara_y:20141005232454j:plain
 
新石垣空港のトイレでパーカーとレギンスを脱ぐ作戦を経て、石垣港行きのバスに乗り込む。
飛行機の遅れもあって分刻みでとにかく小走り。
 
どんな顔で迎えてくれるかな?接してくれるかな?覚えているかな?
楽しみだけれどそれ以上に不安な気持ちで高速船に揺られ、西表島 大原を目指す。
f:id:sara_y:20141005232516j:plain
台風後で波が高くアトラクションみたい。
f:id:sara_y:20141005232538j:plain
 
15時頃、到着。
1年振り!
朱いゲートがお出迎え。
f:id:sara_y:20141005232601j:plain
また来たよ!
このコントラストがなんとも好き。
f:id:sara_y:20141005232629j:plain
 
地図が新しくなって、西表温泉が消えていた。
f:id:sara_y:20141005232658j:plain
まだまだ夏の色で嬉しくなる!
f:id:sara_y:20141006075355j:plain
 
懐かしくて写真やロードムービーを撮りながら大原港周辺をウロウロしていたら、3泊お世話になる民宿やまねこのおっちゃんが迎えに来てくれた。
 
港からすぐの宿に着いて、原チャを借りて南風見田浜〜大見謝ロードパーク〜大原近辺まで行く予定。
原チャに試しに乗ったら、全然乗れない!
民家に突っ込みそうになった。。
去年、加計呂麻島与那国島を周ったからイケると思いきや、体は覚えていなかった。むしろ怖い。
おっちゃんにも「やめておいた方がいいと思う」と言われ、どこへどうやって移動しようか相談したら、宿から歩いて20〜30分の隠れビーチに軽トラで連れて行ってくれた。
 
茂みを掻き分けて見えたのは誰もいないビーチ!
ひとりじめにテンションが上がる♪
f:id:sara_y:20141005232739j:plain
f:id:sara_y:20141005232816j:plain
ヤドカリが木の実みたいに木の枝に引っ付いている
f:id:sara_y:20141005232801j:plain
f:id:sara_y:20141005232853j:plain
不思議な物体
f:id:sara_y:20141005233118j:plain
貝殻を拾って(恒例)、歌って、波音を聴いて、心がどんどん満ちていくこの感じ!
久しぶりでとても嬉しい。
すっかり存在を忘れていた、名前も知らない星印の丸い平たい貝殻。吉本さんに聞いてみよう、とポケットに突っ込む。
 
あの貝はあの人に、あの貝はあの子に。
どんな反応をするかなぁと妄想しながら、どっか遠くを見ながら歩いていたら蛇を踏む寸前でビックリして後ずさり。
f:id:sara_y:20141005233138j:plain
後で聞いたら、それハブじゃない?って言われたけれどどうなんだろう。
踏まないでよかった。島では足元注意だね。
 
かわいいヤギがいた。
近付いていくと、おっちゃんが牛舎脇で請福を飲んでいるではないか!
f:id:sara_y:20141005233156j:plain
f:id:sara_y:20141005233214j:plain
あ〜〜
やっぱり好きだ、この島!
 
一緒に飲もうと誘ってくれたけれど、ものすごく蚊がいそうなので気持ちだけいただいた。旅パン(ショートパンツ)無念。
 
牛さんウフフ
f:id:sara_y:20141005233231j:plain
ネコみたいにフワフワ
f:id:sara_y:20141005233250j:plain
大原に戻ろう
f:id:sara_y:20141005233316j:plain
 
一旦宿に帰り、はてるま(定休日)に挨拶に向かう。
店主の吉本さんと再会!
相変わらず気さくで話が弾み、不安が飛んでいった。あぁよかった。
「飯、まだ食ってないだろ?」とヤギ汁を出してくれた。
やっぱり吉本さんのごはんはおいしい!
フーチバーも効いて一気食い。
あたたかい気持ちと生き物の命をいただくありがたみ。何よりのご馳走でした。
f:id:sara_y:20141006224723j:plain
ビーチで拾った星印の貝殻はサンゴの一種らしい。(って言っていたような、こういう生物って言っていたような、、うろ覚え)
 
吉本さんはこれから用事があるため、別れて宿に戻り屋上にあがる。
空を仰ぐとたくさんの星。
人工衛星に流れ星。
一瞬流れ星に見間違える横切る鳥。
西表島では空と木々の境目まで星が見えることを忘れていたのか、初めて気付いたか。
1年前より前に進んだ自分がここにいることが、誇らしくも不思議な気持ちでもあった。
変わるものと変わらないもの。
 
古民家ペンキ塗りの仲の高野さんと連絡がつき、近くの居酒屋猪狩家(かまいとぅやー)2号店へ向かう。元でいご食堂。
 
高野さんや青年会の人、はてるまで見かけたことがある地元の人、知っている顔がちらほらあって「久しぶり!」が嬉しい。
飲み物はもちろん請福♪
うまい!西表に合う!
あれやこれやしゃべくり、2軒目はここらで唯一カラオケのあるスナックこっちへ移動。
 
ママー!久しぶり!
f:id:sara_y:20141005233337j:plain
カウンターで飲んでいた上ちゃん(地元人)や用事が済んだ吉本さんも加わり、歌って踊って笑って真夜中。
 
 
思いがけずいろんな人に再会出来て、親切にしてもらった日だった。
あたたかい。嬉しい。
やっぱり(多用しすぎだけれど、それ以外に何て言ったらいいんだろう)西表はいいなぁ。