読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

春の旅 房総半島 4/26

9時に市川駅で待ち合わせをして、車で向かったのはマザー牧場
 
12時前に到着して、山波や菜の花畑に目を奪われつつ、アヒルの大行進を見るべく急ぐ。
お兄さんがまくエサを求めてアヒルが目の前や足元、しゃがんでいれば真横を走り回る。
お触りもオッケー。フカフカ
f:id:sara_y:20140428083402j:plain
メシくれ。
f:id:sara_y:20140428083325j:plain
話しかけるようにクワクワ鳴く一匹のアヒルにみんな釘付け。
f:id:sara_y:20140428083342j:plain
 
天気が変わりやすい山のこと、雨が降ってきた。
アルパカも空模様が気になる。
f:id:sara_y:20140428083419j:plain
 
しばし雷雨。
おみやげ屋さんやアグロドームで雨宿りをしていたら、
・牧羊犬とまきばの仲間たち
・シープショー
が始まった。
 
予想以上に演出も仲間(ダチョウとかロバとかミニブタとか)も盛りだくさんでおもしろかった。
シープショーは羊が気の毒に思えて好かない部分もあった。うーん。。
 
ショーが終わり、触れ合いタイムで触った羊の角の温かさや、生まれたての子羊のかわいさに癒される。
f:id:sara_y:20140428191334j:plain
 
外に出ると重い雲はどこかへ消えて、とてもいい天気になっていた。
 
どことなく歩き始め、牛舎のようなものが目に入って近付いてみたら、ひつじの牧場だった。
 
ふわふわ!!もこもこ!!
f:id:sara_y:20140428083503j:plain
きたーー!
f:id:sara_y:20140428083521j:plain
優しい顔
f:id:sara_y:20140428191907j:plain
もふもふ天国
f:id:sara_y:20140428192016j:plain
何時間でもいたい。
私の中でここが園内No.1
 
緑が映える
f:id:sara_y:20140428083557j:plain
ひなたぼっこマーラ
f:id:sara_y:20140428083706j:plain
春の陽射しをチューリップも喜んでいる
f:id:sara_y:20140428083731j:plain
お決まりソフトクリーム!おいしい!
f:id:sara_y:20140428083751j:plain
滞在時間は4時間以上で大満足!
 
次の目的地は金田海岸。
f:id:sara_y:20140428194213j:plain
↑数年前からずっと海の中の電信柱が見てみたくて、行きたい場所のひとつだった。
 
ところが、行ってみたら見えるのは向こうの方に同じ形の小さいのがちょこちょこ。
あれ?あの写真はズームなの?それとも干潮時に近くで撮ったの?違う場所なの?
調べてみたら、老朽化やらなんやらで今年の1月に撤去されたようで。残念!
 
今晩の宿は木更津。
ひと休みして、晩ごはんを求めて街へ出る。街は思ったよりも栄えている。
 
入ってみたいお店がいくつかあって当たってみたけれど、連休初日でどこもいっぱい。
駅近くで最初に目に入ったものの、看板の電気は消えていてでもお客さんはいる、なんだか気になる海鮮料理のお店<舟水>をダメ元で訪ねてみたら、料理はおまかせで構わないならいいよ、とのこと。
ありがたい!ぜひ!
 
そしたら、すごいのが出てきた。
f:id:sara_y:20140428083815j:plain
マグロのかぶと焼き!!
宴会用に予備で焼いた(オーブンで3時間!)ものらしく、通常は要予約のところを、一品目に格安でいただく。
 
軍手をはめてバキバキばらす。
f:id:sara_y:20140428200249j:plain
したたる肉汁、大きな身、ごつい骨!
初めて焼いた魚に肉を感じた。
香ばしい薫りもおいしくて頬張る。
 
カニも登場
f:id:sara_y:20140428201606j:plain
お刺身てんこ盛り
f:id:sara_y:20140428083856j:plain
大将が魚や木更津・お店の話をしてくれたり、山菜やバカ貝の乾物などを味見させてくれたりと、おいしい時間は楽しく進む。
f:id:sara_y:20140428201929j:plain
最後に出してくれた、大将曰く「ねこまんま」は絶品だった。
出汁がたっぷり出たあさりの味噌汁とごはん。ねこまんまというより立派なお雑炊で味わい深かった。
心もお腹も満たされた夜。旅先ごはんはこうでなくちゃ。
ごちそうさまです!