読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

ひと区切りの月、3月

私にとってひと区切りの月、3月。

会社の体制についていけない・ここに自分の未来はないと感じたことと26才転機説を信じて、新卒で4年間働いた会社を辞めたのが1年前。26歳と1ヶ月。

26歳転機説は果たしてどうだったのかは今はまだわからないけれど、働き方・生き方の考えは「〜でなければならない」「〜じゃなきゃ嫌」から、「〜もいいな」と、いい意味でゆるくなった。
これから先、考えはまた変わるかもしれないけれど、でもこの1年はこれまでの1年とは確かに違った。
f:id:sara_y:20140326221428j:plain

この1年はというと、
■代官山レストランバイト
→代官山という響きにつられて日雇いで入ったら常時になった。
まかないは盛り盛りゴージャスなのに、お客さんが少なくて危なげだなぁと思っていたらひと月足らずで閉店!
旅に出るまで働こうと思ったのに。。
バイト前に朝からIvy Placeのテラスでパンケーキを食べたり、帰りがけに桜ヶ丘の夜桜を見たり、東横線最後の日を目にしたりと、都会人気分を味わう。
f:id:sara_y:20140326185612j:plain

■自由大学 脱藩学受講
→ずっと気になっていたけれど時間の都合がつかなかったから、ここぞと。
生き方・働き方を真剣に楽しく考えて伝える。
人生の先輩かつ仲間のおかげで、旅先のちに仕事観がはっきりする。
同じ目線じゃないのが嬉しく有難く、会うたびにそれぞれが次のステップに進んでいるのがおもしろい。
f:id:sara_y:20140326190230j:plain

■沖縄奄美島旅(16島、約3ヶ月)
→好きなこと=旅をしながら、生き方と働き方を考える。
生き生きしている同年代や素敵な大人にたくさん出会う。
無駄な物の多さに気付き、自然に寄り添う暮らし・伝わる知恵に生きる強さを感じて、田舎に対する抵抗がほぼなくなる。寝床があればどこでもいい精神も磨かれる。
なんで今までそんな都会にこだわっていたんだろう。
まさかのバイト@西表島もなんやかんやあったけれど、とてもいい時間だった。
また会いに行く。
f:id:sara_y:20140326192244j:plain

■麻布十番レストランバイト
→バイトでいいから1度働いてみたかった憧れレストラン。
自分がやったちょっとしたことで誰かが喜んでくれたり幸せな瞬間に立ち会えるっていいなぁと、大学の時レストランウエディングのバイトをしていて思ったから、その延長。
やたらイケメンが多くて目の保養&東京タワーを見ながら働いてパワーも充電出来たし、すんっごいまかないが贅沢で、諸々おいしいバイトだった。
f:id:sara_y:20140326195153j:plain

■残業代申請
前の会社に残業代申請。
お金が云々より仕組みがおかしいって伝えたかった。
計算したら東京都最低賃金を割っていた。なんという。
労働基準局に通って会社に働き掛けていただくものはいただいたけれど、ご祝儀と税金や家賃に消えた。
給与は引き上げられたらしい。
相手にどんな顔をされようが、客観的に考えてもおかしいならば行動しなきゃもったいない。
f:id:sara_y:20140326203250j:plain

■瀬戸内国際芸術祭2013(4泊6日)
→いつからか存在が気になっていた直島&瀬戸内国際芸術祭。
金銭的にフリーターラスト旅だなぁ、ラストならここだなぁと。
宿にiPhone置いてきて船に乗れない・翌日のごはんで友達とモメる・お金足りないとかいろいろあったけれど存分に楽しんだ。
お気に入りは豊島・本島。
f:id:sara_y:20140326195953j:plain

■生き方や働き方について本を読む
→お金はないけれど時間はある・やっぱりやりたいことは見つからないから近所の図書館に通う。
自己啓発じゃなくてもっと現実的な類の本をよく読んだ。
私もイギリス人みたいに少ないもので豊かに暮らしたい。
本から学ぶことはとても多くて、固定概念を取っ払ってくれた。転職活動の面接の受け答えに役立ったりもした。
これからも図書館通いは続ける。
f:id:sara_y:20140326201701j:plain

■地毛ライフ
→脱ストパー&カラーで脱自己嫌悪&自己否定。
クセ毛がコンプレックスで14歳くらいから髪の毛を痛めつけてきたり、垢抜けたくてカラーをしてきたんだけれど、そろそろありのままの自分を好きになりたいなぁと思った。
やっぱり自然体が楽だし、そんな自分を受け入れてくれるひとがいい。
結果的に超節約&思っていたほどクセがひどくなかった。
f:id:sara_y:20140326203821j:plain

■零細マーケティング会社に転職
→年明け。そろそろ頑張らなきゃ。
好きだから自然に頭や目に入る食べ物関連の話題や商品×大学で学んだことや性分を活かせそうだなとエントリーしたらすんなり内定をもらえた。
しかし毎日社長のお説教&レポート提出(NGが出るとやり直し)・マネージャーに言い掛かりをつけられるなどなどクソ会社過ぎて1週間ちょっと(内定アルバイト段階)で脱却。
同時期に入った人も数日後辞めた。そういう会社だったってことだ。
f:id:sara_y:20140326205145j:plain

■仕事で自己実現をする考え方をやめて派遣という働き方を選ぶ
→いつからか仕事=自己実現の場でなければならないし、そうしたいと思ってた。
でも仕事でやりたいことは畑違いだったりで仕事探しはとても難しくて、やっと見つけても連絡がなかったり、志望動機をめちゃくちゃ考えて練り上げたり。
あれ?仕事ってそんなもんなの?
・休みをちゃんと確保したい。
・ストレス解消の消費はもうしたくない。
・人間関係や労働時間に悩まされたくない。
・通勤に時間をかけたくない。
仲間や本の力を借りたらだんだんハッキリしてきた。
・仕事だけが自己実現の方法じゃない。
・正社員でも不幸じゃ意味ない。
・学ぶための時間を作ろう。
そしたら答えが出た。
派遣は弱者とか情けないとか、自分の中でイメージ作って敬遠していたけれど、どうなるかは自分次第。
それも働き方の選択のひとつだね。
一気にすっきりした。
私に合うケースはどれなのか探すために、自己啓発本を読んだり自分の道を切り拓く人に出会ったらそのひとはどこでそのケースを手に入れたのか聞いたけれど、そのひとだから出来たこと・出せた答えであって、ケースを探す私には合わない。
ケース(型)にハマりたいんじゃなくて、自分らしく生きていける方法を見つけたかったんだ。
自分のカタチは自分でつくる。
だいぶ時間がかかったけれどやっと分かった。
f:id:sara_y:20140326213355j:plain

■某飲食店本社で仕事開始
→猛烈に金欠ゆえ即行動したらタイミングがよく、すぐに仕事に就けた。
日々勉強で楽しい。そんな久しぶりの感覚が嬉しい。
そしてやっぱり食べ物関連だから興味があるし理解出来る。
職場は和やかで居心地がいい。
そして自分の時間もちゃんとある。
朝が来るのが楽しみって幸せ。
f:id:sara_y:20140326214340j:plain

濃いようなそんなもんのような、でも、やっと一歩踏みだせた、初めてのオリジナルな1年だったと思う。

次はどんな1年にしよう!