読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

ひとり旅(バイト延期編) 西表島 9/2

ひとり旅
今度こそバイトラスト!
今日は、また展望台まで行ってみる。
途中に牛舎がいくつもある。
その中からイケメン牛を探したり、
f:id:sara_y:20140113011316j:plain
イインダヨ グリーンダヨ!な草原で駆け回り、
f:id:sara_y:20140113011743j:plain
展望台に着いた頃にはバイトに間に合うかどうか怪しい時間になっていて、ジョギングで戻る。
 
最後の通勤路。
f:id:sara_y:20140113011817j:plain
f:id:sara_y:20140113011845j:plain
f:id:sara_y:20140113011940j:plain
見慣れた景色もちょっと違って見えるね。
 
それはもう、やりきりました。
 
最後のまかないは食べたかったもの尽くし。
ありがたい!
f:id:sara_y:20140113012050j:plain
f:id:sara_y:20140113012213j:plain
とてもおいしい料理とお酒でした!
 
真夜中に漁に行ったり数日間寝ずにラフテーを仕込む仕事への熱意・地域のひとが「これ使って」と食材を持ってくることに驚き都会生活を考えさせられたり、
時にはその熱意に私はどの程度関わったらいいのか分からないがためについていけなかったり、
助け合いで古民家改装が出来たり、
青年会活動に参加させてもらったことでより楽しく過ごせたり、
食事(まかない)中にiPhoneをいじって怒られたり、
西表島の魚・海藻・果物・野菜に少し詳しくなれたり、
本当にいろんなことを感じ学んだ2ヶ月間で、「ありがとう」と言われたけれど、こちらこそありがとうございますで、私はちゃんと動けていたかな?と申し訳なくなるくらいだった。
 
片付けていると、大原青年会のひとたちが10人くらい入ってきた。(地域のひとたちは閉店後でも普通に店に入ってくるけれどオーナー認可)
たまたまか、そのつもりだったのかよく分からないけれど、バイトお疲れ様飲みが始まった。
ビールを飲んで飲んで酔っ払い、帰りに植え込みに突っ込んで親指負傷。
でもそんなの全然気にならないくらい、みんなの優しさが嬉しかった。
古民家に帰ってから、嬉しさと淋しさが入り混じったなんとも言えない感情が爆発して大泣きした。
もう終わりなんだ。