読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

ひとり旅 宮古島&来間島 6/1

那覇空港で見つけたゴーヤビール!
f:id:sara_y:20130725141945j:plain
常温のみ販売。
冷蔵もあればいいのに。


宮古空港でお出迎え。
f:id:sara_y:20130725142128j:plain

タクシーのじいさんにボラれる。
客の話を聞かないで道を間違えたのはじいさんだけれど、私の説明の仕方も悪かったのかもしれない。
課金が賃走ではなく待機になったまま、と指摘をしたら「金額はたいして変わらない」と。
嘘でしょ。高過ぎ。
話すだけ無駄な気がしたので支払いを済ませてサヨナラ。
タクシーには極力乗らないことだな。

宮古島に来た目的は、津嘉山荘!
ここのごはんが食べたくて。
名物かあさん:千代さんに会いたくて。
f:id:sara_y:20130725142100j:plain

f:id:sara_y:20130725142930j:plain

部屋に荷物を置いて、自転車に乗っていざ出発!
向かう先は橋を渡った向こうの来間島

f:id:sara_y:20130725143044j:plain
初めて町中で見つけた。
彼の名前は<てつや君>というらしい。

f:id:sara_y:20130725143145j:plain
沖縄で1番好きな花。

f:id:sara_y:20130725143255j:plain
長い長い橋を渡る。汗だく。
これまで父の元にいたからひとりではなかった。
急にひとりぼっちに思えて、寂しくて目からも汗が止まらなかった。

f:id:sara_y:20130725143538j:plain
向こう岸の左端辺りから漕いで来たのね。

f:id:sara_y:20130725143658j:plain
トトロに会えそうな草道!

f:id:sara_y:20130725143828j:plain
憲法により、ブーゲンビリアとハイビスカスを一軒一本以上植えることが定められている。

f:id:sara_y:20130725144047j:plain
展望台からの眺め。

f:id:sara_y:20130725144020j:plain
手作り感あふれる喫茶店。
f:id:sara_y:20130725144244j:plain
か、かわいい!
店の入り口には若い福木が植わっている。

f:id:sara_y:20130725144404j:plain
オーナーの純さん。
このお店は4日前にオープンしたばかり。
内装も庭もトイレも手作り。
私が初めての観光客!なんだか嬉しい。
特別に作ってもらった黒糖ミルク珈琲を飲みながら、旅・生き方・働き方・いろんな話をした。
自分の想いを口に出す大切さ・人生は転がる時は一気に転がること。

話をしたら、さっきまで感じていたひとりぼっち感は無くなって、ワクワクで満ちてきた!


お待ちかね晩ごはんは17時。
宿に帰ろう。


行きとは違う気持ちで自転車を漕ぐ。
あまりにも透明でちょっと寄り道。
f:id:sara_y:20130725145351j:plain

晩ごはんー!
f:id:sara_y:20130725145457j:plain
どーん!!12品!
もちろんおいしい。
苦菜もゴーヤも苦味がまろやか!
大好きなパッションフルーツもある♪
至福。

食事中に、タクシー代はやっぱりぼったくりだった・バスが走っていることを知る。
そして千代さん息子の「結局、人間は自然に帰るんだよ」という言葉が印象に残った。
自然に帰る。
暮らしの基本?原始的?非人工的?
分かるような、分からないような。


ごはんの後は、千代さんとヘルパーのくみさんと海へ。
涼しい。
f:id:sara_y:20130725150231j:plain
波打ち際で青く光る1mmくらいの卵?丸い物体が等間隔でポツポツ。とても幻想的。
ホタルイカの卵?あれはなんだったんだろう?

砂浜に寝転がる千代さんからカツオのいい匂いがするのか、猫に乗っかられた千代さんの怒る声が後ろから聞こえて笑った。

川の字になって寝転んで空を見上げるとたくさんの星。
流れ星。
足元に擦り寄る猫。かわええ。



ひとから学び与えられる1日。
まだまだ知らない世界がたくさんあるんだなぁ。


<おまけ>
f:id:sara_y:20130725151457j:plain
喫茶福木のいろいろコースター
真ん中下だけ使用後で濡れているのが惜しい。。