読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是好日

日々や旅をマイペースにつづります

ひとり旅 沖縄本島 5/27

朝5時半に家を出て飛行機に乗り、何も食べないで到着した那覇空港で心を奪われたお弁当。
f:id:sara_y:20130610201000j:plain
へちま、ゴーヤ、ポーク。
にんじんしりしりがあたかも当然のように入っている!


空腹を堪えて向かったのは、首里そば。
生姜が無添加!(紅生姜ではない)
スープはかつお出汁が効いてふんわり生姜が香り、麺はコシがあって、とてもおいしかった!
f:id:sara_y:20130610201054j:plain


やちむんの里へ。
登り窯。
f:id:sara_y:20130610201325j:plain

瓦。
f:id:sara_y:20130613222929j:plain

夏の予感。
f:id:sara_y:20130613223132j:plain

水色がとてもきれい。
石厳當の置物が欲しくなったけれど、旅は長いぞ、と堪える。

工房の奥でやちむんを作っている人が見えた。
このひとたちはここで働いて生計を立てている。
このひとたちが作ったものがここに並んでいる。
リアルを感じる。


そして中城城跡へ。
お城の跡地にどうも魅力を感じなくて、良さが分からなくて(眺めはいいけれど)、でも分かりたいし、ペリーが感動したってどんなだろうと思って向かった。
高校が下田だったからペリーは身近なのだ。

f:id:sara_y:20130613224226j:plain
空の青と草の緑がきれいで、白い蝶々が舞って、まさにダンジョン!!
生きている。ロマン。

ペリーが感動したのは、ヨーロッパと琉球の建物の組み立て方が同じだったから。
アーチ門の中央に楔▽がある。
距離が離れても言語が異なっても、考え方は同じ。面白いなぁ。


ダイヤモンドビーチ近くの像のあるところでひと休み。
足元は白い花と緑。真上は青空。
天国みたい。
f:id:sara_y:20130613224524j:plain

初めてぜんざいを食べる。
たまらなくおいしーーーーい!!
f:id:sara_y:20130614081250j:plain
暑さが手伝って、進む進む。
氷おかわり!

f:id:sara_y:20130614081342j:plain
ごちそうさまでした!

ぜんざいにハマるきっかけとなった日でした。